男同士の出会いは当たり前の時代です。ゲイ専門の出会い系サイトでゲイ友達や恋人を探しましょう

初めて会ったときの会話術

出会い系やネットで出会う約束!さぁゲイの男性と出会い、いざご対面!

…となったはいいものの、初対面ゆえに、何を話したらいいのかわからない!という場合も多々あるのではないだろうか。
まさか会っていきなり「どんなプレイがお好みですか?」なんて聞くわけにもいかない。

もちろん、エロ系のメッセージを交換していたのであれば、際どい質問をぶつけてみるのもアリかもしれない。
それまで交わしていたやり取りの内容によっては、少々ぶっとんだお尋ねをすることも選択肢のひとつだろう。
が…やはり初対面の場合、ほとんどはひとまず自重するものだ。
ましてや即ハメ目的ではなかったり、相手が真面目そうなタイプであれば尚更である。

まずは話を聞いてみよう!

では、初めてゲイと会った場合、どうすればスムーズに会話を進めることができるのだろうか?

やはり何よりも「相手のことを思いやる」。これに尽きると思う。

決して無理矢理話そうとせず、まずは相手の話にきちんと耳を傾けるのだ。
興味深そうに、それでいてわざとらしくなく、しっかりと相槌を打ちながら話を聞くよう心掛けてみよう。

例えば、もし相手が自分の好きなことやものについて語りだしたら大チャンスだ。
すかさずそれらについて質問すれば、きっと相手もノリノリで反応してくれるのではないだろうか。
そうすれば自然と会話も盛り上がるし、話の内容もどんどん広がっていく。
逆に、初対面の段階であれば、あまりプライベートに踏み込み過ぎる質問はやめておいた方が無難かもしれない。

相手の話を聞き、情報を引き出すことで、ある程度会話がスムーズに進んだら…
次はぜひ自分のことについても話してみよう。
適度に自己開示をすることで、恐らく相手もより心を開いてくれる。
また、場が暗くなるような後ろ向き発言や、せっかくの雰囲気をブチ壊すような言動にも注意しよう。

先にも述べた通り、要は「相手のことを思いやる」ことが重要だ。

キッカケは関係ない!

「出会い系で知り合った」とか「ゲイ同士」とか、出会ったキッカケや関係性はこの際無視してもいい。
男と男である前に、まずはひとりの人間対人間として、相手を気遣いながら言葉を交わしてみよう。
そうすれば自然とゲイ同士の会話も弾むのではないだろうか。

また、相手の好みを把握し、それに合わせてシチュエーションを設定するのもオススメだ。
例えばお酒好きであれば、居酒屋で飲みながら話す…というのも良いだろう。
アルコールが入るとリラックスするため、会話も盛り上がりやすいかもしれない。
場合によってはボディタッチも許される可能性があるので、互いにお酒OKであればぜひとも活用したいところ。

無料でゲイ友やセックスする
イケメンカフェ
Ikemen Cafe(イケメンカフェ)はゲイ出会い系サイトのツールとしては手軽に登録でき無料ポイント3000円分が付随しますから誰でも簡単に登録できます。
MEN’S CLUB
bible
DANGUN
初回登録料金は一切必要ありません。悪徳ゲイ出会い系サイトの中には初回から登録料金が必要な会社もあります。DANGUNでは登録無料ですので安心して利用できます。